ニクの日

 今日は12月29日。
そう、ニクの日です。

ということで、今年もカノシ会の皆様にお誘いいただき、肉を食べに行ってきました。

本日仕留めた獲物は、ニホンジカ2頭。
あれにしたり、これにしたり……。

詳しい記述は控えさせていただきますが、様々な部位を様々に料理して頂きました(下の写真で推測して下さい)。


今回の鹿は冬にもかかわらず脂がよくのっていて、とっても美味しかったです!
新メニューの「シロコロ鹿ホルモン」も、とっても美味しかったですよ〜。

カノシ会の皆様、今年もごちそうさまでした!

ころころ3!

 カラスの脅威もあるなかで



つめたい風にふかれ




あったかい太陽をいっぱいあびて




スタッフの愛情を受け


こんな風になりました


一人前のころ柿です





ブンブンブン

 ご近所さんが、大きな瓶を持っていらっしゃいました。


その中には・・・

たくさんのスズメバチ。

さて、どうするのでしょうか!

秋の味覚

急に冷え込みが厳しくなった今日この頃,皆様お元気ですか!?
今日は、交流センターのご近所の方から秋の味覚の差入れを頂きました。

最近キノコを食べる機会が多いのですが、今回頂いたキノコはどれも珍しい物ばかりでした。(勉強不足なのもありますが・・・)
右上がクリタケで、その横がウラベニホテイシメジ、中央右から2つめがサクラシメジ、下の段の左から2つめがアカモミタケだというのは、事務局内でも何となく分かったのですが、他が分かりません。
分かる方教えて下さい!!

味噌仕込み

味噌を作ってみたいみたいとずっと思っていたのですが、ようやく実現しました。この人のお味噌はおいしいよと評判の方にお願いして、教えていただきました!

前日の昼から水につけておいた大豆を朝から煮ます。豆が少ないので、今日は朝6時に火を点けましたが、多い時は朝4時から火を燃すのだそうです。今日は5時間くらいで、大豆がちょうどいい柔らかさになりました。


ミンサーで大豆を潰したら、あとは麦麹、米麹、塩とまぜまぜ。早川流は、麦麹と米麹の両方を入れます。ぽろぽろしてまとまらないようだったら、大豆の煮汁を加えてまぜまぜ。(大豆を冷ましてる間に片付けしたら、勢いあまって煮汁を捨ててしまった私たち。水でもいいよと言われたので、水で代用しました。)


均等に混ざったら、空気が入らないように樽にぎゅっぎゅっと詰めます。これで後は待つだけ。8月には食べられるそうです。おいしくできますように。

先生は、暖かくなってカビが生えそうな時期になったら、毎日混ぜるのだそうです。評判の秘訣はきっとこれだと思うので、私も頑張って毎日混ぜるぞー!おー!

コロッケ

 おいしそうなコロッケ。。。
さて、何のコロッケでしょう?


正解は「すばくコロッケ」!すばくとは、早川町の郷土食です。


じゃがいもにすばくを混ぜ、中にネギ味噌を入れたすばくコロッケ。今日の早川の小中学校と保育園の給食のメニューでした。麦の食感とネギ味噌がきいて、とってもおいしいんですよね〜。

干し葉

クリスマスですね。早川でも、あちこちのおうちでイルミネーションが飾られています。キラキラピカピカきれいです。

そんなクリスマスに、全然関係ない「干し葉」作りをやりました。上↑の写真のように、並べて干してた大根の葉はからからに。

そして、教わったとおり、からからの大根の葉をゆがきます。独特の香りが充満。事務局員の一人は「魚の匂いがする」と言ってました。

くたっとなるくらいに軽くゆがいたら、食べやすい大きさに切って、ラップにくるんで、冷凍庫へ。年が明けたら味噌汁に入れて食べてみようっと。

それにしても、なんで干してゆがくのか謎のままです。昔は干しただけで保存していたんじゃないかなぁ。違うかなぁ。

秋の味覚の王様!

湯島の湯からの帰り道、早川集落入り口のきのこ屋さんに立ち寄ると…


なんと松茸があるではありませんか!!
燦然と輝く松茸、2本で7000円也。町内某所で採れたそうです。
みんなで匂いをくんくん…あぁ〜、いい香り!!

他にも、山で取れた天然物のクロカワ、千本シメジ、ホウキタケに、自然栽培の舞茸や椎茸などが並んでいました。試食で、椎茸や舞茸、クロカワなどなどをいただくと…濃厚な味わいにうっとり。
今日は、椎茸、舞茸、千本シメジできのこパーティーだ!!

山の秋の恵みを存分に感じることができる早川正治さんのきのこ屋さん、期間限定オープンです。ぜひお立ち寄りください!

早川キノコ園
営業時間:土・日・祝日9時から4時。(紅葉がきれいになったら平日もオープンします。)
お問い合わせ先:0556-48-2126

ぷりぷり春のシイタケ

春です。早川きのこ園のシイタケが順調に大きくなっています。肉厚でぷりぷりのシイタケ、早川のおいしいものランキングがあったら絶対上位にランクイン!食べたいですね。

というわけで、やまだらけ編集部でただいま注文受付中です。

※たくさんのご注文ありがとうございました。おかげさまで、今回の分は終了致しました。次の収穫はゴールデンウィーク以降になります。またぜひどうぞ。

シンプルに焼くもよし、からっと天ぷらにするもよし。その辺のシイタケには負けません。

■詳細
料金/1箱3,200円(本体2,500円+送料700円)
内容/1箱1kg
発送/4月上旬以降、注文順に発送
締切/2008年4月4日(金)

■ご注文・お問合せ
やまだらけ編集部
TEL 0556−45−2101
FAX 0556−45−2268
MAIL shop@joryuken.net

寒干大根

1月のツアーで干した大根は、今こんな感じです。まだかちかちじゃありませんが、順調に冷凍乾燥されています。この寒さのおかげで、おいしい寒干大根になりそう。

calendar

<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

Archives

Recent comment

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM