JR連合が保集落でボランティア

なかなか更新が出来ていなくてすみません。

今回は、9月20日〜21日に保集落行われた、JR連合さんのボランティアの様子をご紹介します。
今年で7年目のこの活動、全国から24名の方が参加されました。1日目は集落内の色々な場所の草刈、2日目は柵の管理作業など、集落だけでは大変になってきている郷役に力を貸してくださいました。

講演会「集落の将来のために今、何が出来るか?」のご案内

来たる3月16日(土)に、昨年ご好評をいただきました
「住民による集落の維持・活性化」をテーマにした
講演会を開催することになりました!

実際に集落の活性化にご尽力されている方を講師としてお招きし、
その成功の秘訣などを聞かせていただく予定です。

町内の方・町外の方どなたでも参加できます。
お誘い合わせの上、ぜひ、お越し下さい!!

講演会チラシ

「親子で田舎暮らしセミナー」ご参加をお待ちしてます!



3月9日(土)に東京銀座で「親子で田舎暮らしセミナー」を実施します!

セミナーの詳細ページはこちら(お申し込みはこちらからお願いします)

今年も学生たちが頑張っています!

 今年の夏も、地域づくりを早川町で学びたいという学生さんが、大勢、町にやってきます。
そのうち6名の学生が、お盆から来町し活動を始めています。

今日は、私も久しぶりに学生さんたちと同行しました。

まずは、茂倉集落にて、昔の写真の調査(はやかわおもいでアルバムの作成作業)。
教育委員会の倉庫(?)から、昭和40年頃まで操業されていた茂倉鉱山の写真がたくさん出て来たので、当時、鉱山で働いていた方からヒアリングです。


学生さんは、早川独特のしゃべり方や、鉱山の専門的な用語に四苦八苦しながらも、なんとか鉱山でにぎわっていたころの様子がイメージできたようでした。

富士川舟運、復活!

この春から本格的に運行を開始した「富士川下り」。
かつて静岡と山梨の物流の大動脈であった「富士川舟運」が、観光船として復活です。

縁あって、今日は試乗させてもらいました。

デジタルアーカイブの取材の様子

事務所の和室でもくもくと作業をする人たち。
手元には白黒写真。
先週、第1回目のデジタルアーカイブの取材が行われました。


お借りした写真を、付箋にメモを書き、封筒、段ボールに入れて
整理している様子です。想像以上にたーーーくさんの写真を借りていました。
みなさん、やっぱり大切に保管してあるのですね。
整理した写真を持って、そのエピソードを聞き、記事にまとめます。


デジタルアーカイブでは、早川にまつわる昔の写真をデータ化して、
撮影の年代や場所、それにまつわるエピソードと併せてに整理しています。
ホームページは鋭意作成中!
みなさん楽しみにしていてください!
また、取材へのご協力もよろしくお願いします!!

早川スポーツフェスタ、町民投票始まる!

 
2年に一度、早川のスポーツナンバーワンを決定する「早川スポーツフェスタ」が3月4日に開催されます。

フェスタに先立ち、そこでスポーツ大賞ほか各賞の候補者を決める町民投票が、本日から町内各所で始まります。

ここ交流センターにも投票箱を設置しました。
みなさまの清き一票をお待ちしております!

投票期間:1/30〜2/10
投票場所:早川町役場、町民会館、交流センター、福祉センター、南アルプスプラザ、ヴィラ雨畑、ヘルシー美里、町内小中学校、町内郵便局

スポーツフェスタ本番は、3月4日(日)午後です!


やまだらけ、来年度ラインナップ決定!

 

本日、都内某所において、来年度の「やまだらけ」の特集記事を決める話し合いを行いました。編集部メンバーが、早川との関わりの中で掘り起こしてきたとっておきのネタが、どっさどっさと出され、そこから厳選に厳選を重ね6本のテーマが決まりました。

内容は………ここではお伝えできません。
来年度のやまだらけもお楽しみに!!

その後は、ちょっと遅めの新年会。早川出身のYさんも来てくれて、大変大変盛り上がりました。みなさま、おつかれさまでした!

「集落の将来のために今、何が出来るか?」講演会のご案内

 
1月22日(日)に、早川町の町民会館で講演会を開催することになりました!
テーマは「住民自治による集落の維持・活性化」。
「限界集落」を提唱した大野晃氏に加え、新潟・高知から実際に集落の活性化にご尽力をされている方を講師としてお招きし、その成功の秘訣などをお聞かせいただく予定です。

町内はもちろん、町外からでも参加できますので、お誘い合わせの上ぜひお越し下さい!!

早川町で子育てをしてみませんか?

 本日、早川町が義務教育費を無償化するというニュースが、新聞やテレビで流れました。


そうなんです。

これまでも補助はあったのですが、今後は小中学校の給食費や修学旅行費など全額を町が負担する方向で話が進んでおり、実質的に義務教育が完全無償化となります。

子育て世代にとっては、非常にありがたい話です。

また、そんな早川で子育てをしたいという方のために、教育委員会では山村留学制度も実施しております。

山村留学生を積極的に受け入れている早川北小学校では、地元と密着した特色ある教育を長年実施しています。北小のホームページに、山村留学の詳細が、早川の大自然の中でたくましく育つ子どもたちの様子とともに掲載されていますので、今回あわせてPRさせていただきます。


来年度からは、我々上流研生態計画研究所早川事業所とが共同で、地元の子どもたちを巻き込んだ面白い取り組みが始まる予定。

こちらも続報が入り次第お知らせします。

子育てするなら、早川町ですよ!!






calendar

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

Archives

Recent comment

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM