白樺会の練習会


 奈良田区公民館でおこなわれた、「白樺会」の練習会を取材しました。
 この日の練習は、5月27日に甲府市総合市民会館で開催される『第六回ふるさとのうた 民謡民舞の祭典』への出演に向けたもの。選抜メンバー(奈良田在住者6名、町外者4名)が「奈良田追分」と「八幡」を披露します。

『やまびと講座』02(テーマ:「道」)を開催しました


 3/17(土)、2つ目となる『やまびと講座』02(テーマ:「道」)を開催しました。犹遽蕾餃瓩箸知らせしていましたが、内容は推敲を重ねたスライド上映と、そこに登場する旧五箇小学校と旧五箇村役場跡地を案内することもでき、基本とする「座学+体験」プログラムを実行する本講座そのものでした。

早稲田大学・井上ゼミとの共同活動

「おつかれさまでした!」の集合写真

 

 早稲田大学・井上真先生のゼミ学生と研究員の皆さん8名と、共同調査をおこないました。
 学生の受け入れは、上流研の原動力と言えるほどに、設立当初から活発におこなわれてきました。井上先生も、他大学専任の時期を含め、十数年来、早川町に学生を引き連れて通ってくれています。
 
 今回は、観光協会からの協力を得て、観光協会会員の事業所の経営者やスタッフ従事者に取材。学生にとっては聞き取り調査の実習の一環ですが、私たちからはウェブサイト『奥山梨はやかわ』の「奥山もてなし人」のページに掲載する記事の作成までを課題として位置づけました。
 
【参考】
○ウェブサイト『奥山梨はやかわ』
http://hayakawakankou.daa.jp/
○「奥山もてなし人」
http://hayakawakankou.daa.jp/welcome/

 

北小の「お宝発見」を取材しました


 早川北小学校でおこなわれている「お宝発見」は、地域の人が先生になって、やってきた事や現在取り組んでいる事を子どもたちに紹介する授業です。前回に続いて、今回も取材してきました。

民家プロジェクト その4


 上流研では、移住希望者の最初の相談窓口も担っています。面談をおこなった上で、希望する人には空き家となっている民家を案内し、希望者には家主や管理者を紹介することもおこなっています。

民家プロジェクト(第2回物件調査)

上流研では、移住希望者等からの問い合わせに応じて、町内の貸しても良いと言ってくれている物件の案内、家主や管理者の紹介を行っています。物件リストは増えてきたものの、補修が必要なものも多く、その具体的な箇所や程度を専門家の目で調べてもらう調査を進めています。

 

今回の調査は2回目。2物件を調査してもらいました。どちらの物件も部分的に補修が必要なものの、何とかなりそうな状況でした。使っていない物件は、手を入れないとどんどん状態が悪くなってしまいます。今回調査した物件も早く使い手が見つかるように、状況を良くしていけたらと思います。

第1回『やまびと講座』を開催しました


 7/16(日)、『やまびと講座』を開催しました。
 上流研として、これまで掘り起こしてきた地域資源や上流文化の素材たちを有機的に紡ぎ合わせたい、という問題意識を長らく抱いていました。ですが、なかなか取り掛かれずにいた課題です。『奥山名利』サイトの運用開始で一部は実現したものの、上流研らしい実践的な取り組みも模索していました。

長野県天龍村から視察にいらっしゃいました!

昨日、今日と長野県天龍村の方たち5名が視察にいらっしゃり、上流研の事や移住・山村留学の取り組みをご紹介しました。その後は赤沢宿でガイドツアーを体験。宿泊は大阪屋さんでされていました。

奈良田追分

 

 6月に催される全国日本民謡講習会の演目に、伝統民謡『奈良田追分』があがっています。奈良田集落では伝統文化の保存継承を切り口に、これまでも集落出身者との協力体制づくりを進めてきました。

民家プロジェクト

 

 日本上流文化圏研究所(上流研)では、早川町内で空き家となっている物件をリスト化し、移住者希望者や活用したい人からの問い合わせに応じて案内し、家主や管理者を紹介しています。特に最近は子育て世代からの問い合わせが多く、早川で暮らしていく上で、住み家の問題は大きな課題のひとつです。

続きを読む >>

calendar

<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Archives

Recent comment

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM