早川伝統の味噌作り復活祭 第一回「電柵を立てよう!」

3月27日に、早川エコファームさんが主催で、電柵を設置してきました。

場所は、そば処アルプスの手前を右折し、早栄橋を渡った早川集落です。

 

この集落では、明治時代から昭和50年頃まで、集落の一番上の地点で、味噌豆を蒸すための作業施設、釜屋が使われていました。

そして、直径1.5m、高さ2mもの巨大な釣鐘型の桶をかぶせて蒸していました。

共同で一昼夜かけ、寝ずの当番で火を当番し、翌朝、各自の家へ持ち帰り、味噌作りをしたそうです。

(詳しい集落の説明などは「めたきけし」11巻に書いてあります。上流研ほか町内各施設にて販売中です。)

 

今回は、その味噌作り復活祭第一回目「電柵を立てよう!」ということで、サルから大豆畑を守るための作業でした。

 

 

2段式のポールを立てていきます。

 

立てたポールに網をかけていきます。

 

赤い網に電気が通るようになっています。緑の網と同じようにポールの突起部分にかけます。

 

最後に、電気が通っているか確認しました。

 

風が強い日でしたが、スムーズに進み、予定より早く終わりました。

作業自体もそれほど難しくはないという印象でした。

屋外での共同作業は楽しいなと改めて感じました。

集落の穏やかな時間の中で、集落の方々とのちょっとした会話もとても心地良かったです。

次回は6月の種蒔きです。

これからも、伝統あるこの文化を繋げるため、発信していく予定です。

Comment
Leave your comment
 
Trackback for this entry Trackback

calendar

<< December 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

Archives

Recent comment

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM