第1回『民家プロジェクトツアー』開催!


 上流研では、主に移住希望者向けに民家物件の紹介をおこなってきていますが、地域資源とも言える犇き家瓩陵効活用の足かせとなっている要因のひとつに、元家主が置いたままにしている荷物の整理があります。

 それ自体が「貸し出せない」理由になる場合もありますし、移住希望者を案内しても、「新しい居住イメージを思い浮かべにくい」「改修の目安が立たない」という印象を与えます。結果、空き家の状態の長期化につながります。これは、民家の狷団蟠き家甓修魏誕させることにつながり、地域資源としての「民家」の減少は、ひいては移住受け入れ体制の弱体化を招くことになってしまいます。
 この悪循環を断ち切り、好循環のきっかけをつかもう! 『民家プロジェクトツアー』はそんな意図で企画しました。ボランティア参加者を募り、みんなで片づけちゃおう! 田舎への移住志向が高まっている現代において、田舎暮らし・移住のリアルな体験を提供するレクチャーという位置づけもありました。

 

片付け荷物の状況を確認する参加者たち

ちょっとうろたえたかな?

 

さあ、やるぞ!


 その前後の天候は安定していたものの、なんと台風18号がピンポイントで到来。参加者の了解を得て、当初予定していた2日間の日程を1日ずつずらし、予定していたプログラムは全ておこなうことができました!
 ボランティア参加の11名に上流研スタッフ、物件近隣の方の協力も得て、作業はぐんぐん進みます。なんと、想定していたよりも1時間近くも早く、片付けは終了してしまいました。
 

2階の荷物は、直接屋外に下ろすことにしました

 

協力し合って、気をつけて

 

みんな手際が良いです〜

 

慣れない作業だと思いますが

みんな熱心に取り組んでくれています

 

いったん軽トラに積み込んで

敷地から運び出します

 

 また今回のプログラムでは、参加者同士の交流会や、田舎暮らしや田舎への移住の検討、考え方の整理に有益な『入門講座』(座学)にも、重要な位置づけをおきました。特に座学後のディスカッションでは、大変有益な意見交換ができました。まだ試演会という段階ですが、今後も内容の改善をおこない、上流研らしい取り組みに昇華させていきたいと思います。

 

台風一過で晴れ上がり、暑くなりました

こまめに休憩を取ります

 

交流会準備も、途中からは同時進行です

 

試演会としておこなった『田舎暮らし・移住 入門講座』

レクチャー後のディスカッションは

上流研にとっても大変有意義なものでした

 

 協力してくださった皆さん、本当にありがとうございました。全国的にも珍しい、この手作りの企画も、なんとか実現することができました。
 第2回『民家プロジェクトツアー』は10/21・22の日程で、そして今年度は第3回目を2018年1月中におこなう予定です。興味のある方は、ぜひお問い合わせくださいませ。

 

軽トラで運び出した荷物は、近くの

広場に一時設置した回収用コンテナに移し替えます

 

たくさんあった荷物は、作業後には・・・

 

こんなにすっきししました。この後メンバーで

掃除して、この写真よりも整理されて

もっときれいになっています

Comment
Leave your comment
 
Trackback for this entry Trackback

calendar

<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

Archives

Recent comment

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM