引っ越しから1カ月が経ちました

 

 朝晩が冷え込むようになりました。出勤して換気のために窓を開けると、入り込む風が冷たくて、閉じてしまおうかと思ってしまいます。
 事務局のお引越しをしたのが、8月初めのこと。雨が多い年で、それが猛暑をやわらげもしましたが、湿気が高くて大変でした。それから早1カ月。最初は毎日のようにのこぎりやインパクトを駆使していましたが、ようやく雰囲気も落ち着いてきました。キャンプにかかりっきりだった事務局スタッフも事務所に戻ってきて、各々の過ごす場所も定まってきたようです。

 

 上流研で長らく議論されてきたことの一つに、事務局の実務と理事会の経営の役割分担をはっきり区別しようという考えがありました。このたびの引っ越しはその一環でもあります。
 もともと上流研の爛轡乾函併纏)瓩歪民に開かれたものであるはずです。それにしてはこれまでの事務所の位置は建物に奥まっていて、しかも7名の常勤スタッフと理事長が一緒に過ごすには手狭でした。

 


 6月の総会で運営の方針を確認した後、引っ越しの重労働には決して適切とは言えない時期ですが、スタッフ総動員で思い切って、これまでの早川町交流促進センター鉄骨棟から、隣の木造棟1階に事務局機能を移しました。
 明るいです! 早川町らしい山々の景色も横長の窓面に広く、集落の道に玄関も面していいるので、通りがかりの町民の皆さんや、郵便屋さんとも話しかけやすくなりました。事務局スタッフの机もフリーアドレス制度を導入し、ぐっとオープンな雰囲気です。

 


 これから、五箇地区の公民館でもある交流促進センターの魅力化にも取り掛かって行きたいと思っています。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 


 ちなみに、これまでの事務所は理事長室として、役員の机と応接間を備えた部屋となっています。

Related Entry
Comment
Leave your comment
 
Trackback for this entry Trackback

calendar

<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Archives

Recent comment

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM