民家プロジェクト

 

 日本上流文化圏研究所(上流研)では、早川町内で空き家となっている物件をリスト化し、移住者希望者や活用したい人からの問い合わせに応じて案内し、家主や管理者を紹介しています。特に最近は子育て世代からの問い合わせが多く、早川で暮らしていく上で、住み家の問題は大きな課題のひとつです。

 早川町では平成28年に策定した「人口ビジョン及び総合戦略」において、移住者受け入れ方針を決め、上流研もこれまでの取り組みにさらに力を入れていくつもりです。名称もポジティブに『民家プロジェクト』という、積極的な呼び名を使い始めています。
 その一環で、設計専門家とともに、現在のリスト物件を調査していくことにしています。その一回目をおこないました。

 

 
 本日見て回ったのは3物件。4物件を予定していましたが、時間の関係で最後の1軒は場所の紹介にとどめました。
 3件のうち、2つは物件として補修する価値が高そうです。こういった民家には、さらに積極的にアプローチして、活用しやすい状況にしていきたいと思っています。

Comment
Leave your comment
 
Trackback for this entry Trackback

calendar

<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

Selected entry

Archives

Recent comment

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM