五箇ふるさと祭り

 

 日本上流文化圏研究所のある薬袋集落は、昭和31年に合併して早川町が誕生するまでは、合併前の旧6村の一つ、五箇村を形成する5つの村の一つでした。
 この日は『五箇ふるさと祭り』。午前中は、やまびと講座02(テーマ:「道」)の体験プログラムで参加者とともに訪れた、五箇小学校及び五箇役場跡地(以下、跡地と記載)に祀られている山住神社で山神講、そして戦没者の慰霊祭がおこなわれ、午後は、上流研が管理している交流促進センター(五箇地区公民館)で敬老会を兼ねた親睦の会食が催されます。例年では、親睦会でスタッフ紹介やご挨拶をさせてもらうだけでしたが、今年は山神講と慰霊祭にも参加しました。

平成29年度 BEANS発表会を取材しました!

発表会を聴きに、みんな集まってきました

 

 早川北小学校では狒躪臈な学習の時間瓩魍萢僂靴董◆BEANS(BEcome A Natural Scientists!)=自然科学者になろう!』という授業がおこなわれています。
 3年生以上の児童が年間35時間、「南アルプス邑 野鳥公園」のネイチャーガイド専門スタッフの指導を受けながら、ひとり1テーマ、野外調査を含めた研究をおこないます。この日は平成29年度の研究成果の発表会。というわけで、北小を取材してきました!

第22回 ありがとうコンサート 6年生最後の発表会

2月23日(金)に早川南小学校で「第22回 ありがとうコンサート 6年生最後の発表会」が行われました。

会場には在校生や、保護者の皆さん、地域の方々など多くの観客が集まりました。

 

 

 

6年生3人が考えたスーパーマリオ風の劇で進行していき、合奏「ワタリドリ」「イロトリドリ」に、ふりつけ付きの合唱「未来」を披露しました。6年生にも、在校生にも思い入れのある選曲がされていたため、合奏に合わせて低学年が一緒に歌う場面も見受けられ、音楽に込められた南小学校の子供達の絆を感じました。

 

6年生から5年生へ、南小学校吹奏楽の伝統あるバンドマスターの引き継ぎも行われました。

とても心に残る感動的なコンサートでした。

祝:早川南小学校創立50周年記念

 

2017年12月4日に創立50周年を迎えた早川南小学校。

2日(土)に行われた記念式典を取材してきました!

 

奈良田の敬老会2017

お祝いの記念撮影

 

 ここは奈良田集落の公民館。この日は敬老会がおこなわれています。
 会場からはこれまで聞かれなかった三味線をはじく音に歌い声、そして笑い声が聴こえてきます。さて、何が起きているのでしょうか?

早川北小の授業にお邪魔して「お宝発見」

今日は早川北小学校にお邪魔して、授業の様子を見学してきました。

お邪魔したのは地域の人が先生になって、やってきた事や現在取り組んでいる事を子どもたちに紹介する「お宝発見」という授業。古くから守ってきた技術や文化を子供たちにも知ってもらいたい、早川町を好きになってもらいたいという想いで実施している授業だそうです。同時に、子どもたちに新しい視野をもってもらいたいという想いから、近年は移住されてきた方も先生になることがしばしば。

15年ぶり(ぐらい)の再会

少し前の話になりますが、6月2日(金)に岐阜県立森林文化アカデミーの嵯峨創平さん他3名が、早川町、そして上流研に来てくださいました。

 

嵯峨さんとは、20年ほど前からのお付き合いなのですが、今回は15年ぶりぐらいの再会。FBで嵯峨さんの活動を拝見し、「お互いに目指している方向が似てる?一回会いたいね」、みたいな話から今回の交流となりました。

 

最近の早川町の話題ということで、

 

山村留学の取り組み


 

はやかわジビエ


 

そして赤沢宿の清水屋や大阪屋を回りました。


 

そのあとは、上流研のスタッフも参加して、事務所でお互いの取り組みを紹介し合い、多くの刺激をいただきました。

 

そんな嵯峨さんたちが昨年度作成した「揖斐川流域ESD教材 〜揖斐川流域の風土と暮らし〜」がYouTubeで公開されています。揖斐川流域を見ながら、早川流域を考えるとまた面白いのではと思ったりしています。興味のある方は、ぜひご覧ください。


 

田舎の材料

 

 Yさんは、日本上流文化研究所の事務所のある薬袋集落のジイちゃん。すぐ近くに住んでいます。


 GW前にYさんが持ってきたのは、イノシシとアナグマの胆のうを乾燥させたもの。写真の手に持っているケースの中に入っている黒っぽいものがそれで、小さい方がアナグマです。調子が悪い時に、ほんの少し削り取って食すのだそうな。「熊の胆」はよく聞きますが、動物の種類によって犖き方瓩違って、お腹への刺激も強弱あるらしい。

早川山菜まつり2017


 今年も『早川山菜まつり』がやってきました。驚くなかれ、今回で40周年になるのだそうです。それだけ続くだけの活気が、やはりあるものです。

やまだらけ取材

 やまだらけの取材に行きました。
次々号のテーマは「茂倉鉱山」


まずは鉱山跡を案内していただきました。

抗口の跡はコンクリートでしっかり固めてあります。
中が気になる。

続きを読む >>

calendar

<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

Archives

Recent comment

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM