引っ越しから1カ月が経ちました

 

 朝晩が冷え込むようになりました。出勤して換気のために窓を開けると、入り込む風が冷たくて、閉じてしまおうかと思ってしまいます。
 事務局のお引越しをしたのが、8月初めのこと。雨が多い年で、それが猛暑をやわらげもしましたが、湿気が高くて大変でした。それから早1カ月。最初は毎日のようにのこぎりやインパクトを駆使していましたが、ようやく雰囲気も落ち着いてきました。キャンプにかかりっきりだった事務局スタッフも事務所に戻ってきて、各々の過ごす場所も定まってきたようです。

ここに花を咲かせましょう

白のハナショウブ


「まあ、お茶でも飲めし(お茶飲んでいきなさい)」、突然の訪問でしたが、居間にまで迎え入れてもらいました。
 
 早川町の京ヶ島集落で、まもなくハナショウブが見ごろを迎えます。
 最初は自宅前の休耕田の片隅に、近くで生えていたものを株分けして植え付けました。旅行のときに購入した花苗も近くに植えてみました。うまく根付いて株が増えたので、それをそのまた周りに植え付けていきました。

スワロー(その2)

 

 日本上流文化圏研究所の事務所横でツバメが巣作りを始めてから、1か月余りが経ちました。(前回記事はこちら→ http://blog.joryuken.net/?eid=519

 頻繁に食べ物が運び込まれています。孵化して10日前後といったところでしょうか。子どもは何羽いるのか、びっくりさせないよう、屋内のガラス越しにしか眺めていないので、分かりません。
 巣立ちまで、無事に育ってほしいものです。

スワロー

 燕が巣作りを進めています。上流研の事務所がある、交流促進センターの玄関横。
昨年は別の場所で、アオダイショウが上ってきて食べられてしまったのです。今度は大丈夫かな? ヘビにはヘビの都合があっての事ですが、やはり子育てをする親の側の気持ちで見てしまいます。

 

玄関の中から、はしごに登って撮影

 

 巣の下まで行くと驚かせてしまうので、ガラスの内側からこっそりと撮影しました。

紅葉

 
薬袋の紅葉はまっかっか

提灯 

 昨夜、提灯に灯された赤沢へ。



道という道に掲げられています。


ここは大阪屋。
すべての提灯に、寄付した方の屋号が書かれています。



オレンジ色の石畳。



暗闇のなか、提灯に導かれて

今年は、8月26日からの重伝建選定20周年記念イベントの期間も
灯されている予定だそうです。
私のお勧めは、夕暮れ、暗くなり始めたころです。


記念イベントは、8月26日(月)〜9月1日(日)
常設展は「赤沢書宿展」と「身延〜赤沢〜七面山 信仰の道」写真展。
写真展は昨年からお世話になっている写真家・鹿野貴司さんの作品です。
その他、法話や、シンポジウム、子ども向けの素話などイベントが目白押し。
ぜひお立ち寄り下さい◎

チラシのダウンロードはこちらから


赤沢の夏の風物詩

 
集落中にかけられた提灯。
お盆の時期に、赤沢同志会の方々によって飾られます。
斜面地に、曲がりくねった道。
ここにぽわんと提灯が浮かぶと、まるでこの世でないようですよ。


こちらは清水屋。
去年改修工事が完了し、今は中を見たり、休憩していただけます。
同志会の方が冷たい飲み物などを置いていらっしゃろり、
かなりの快適空間です。
太陽の下での散策で疲れたら、ここでひと休み。



夏近し

先日、町内を歩いていると・・・

こんな生き物が・・・

にぎわう田畑

 
もりもり育つじじゃがいも

お行儀よくならぶ稲


気持ちいい天気の一日でした。

あざやか

 
今、あちこちで藤が”すずなり”に咲いています。
個人のお庭をはじめ、車道の、山側にも川側にも。
木にからまって咲いています。

「去年の秋頃雨が少なかったから、今年藤の花が沢山咲いているんだよ」
とおっしゃる方も。高温多湿に弱いようです。


こちらは何の花だと思いますか?
続きを読む >>

calendar

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

Archives

Recent comment

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM