平成31年度・峡南地区植樹祭


 この日、京ヶ島地区の「丸山」で、植樹祭が開催されました。
 

五箇地区のふるさとまつり

4月17日は五箇のふるさとまつりでした。

五箇地区(旧 五箇村)は、町の南東に位置し、上流研が職場としている交流促進センターのある薬袋(みない)や、今年竣工した町有住宅のある千須和(せんずわ)、榑坪、笹走、古屋、塩之上からなっています。

 

当日は朝から役場の方々と昼間の準備を始めました。お昼前には、五箇役場小・中学校跡へ向かいました。交流促進センターから車で10分程上がった場所にあります。周りは木が生い茂っていて日が当たらないので少し冷えました。そこで山住神社と妙法神にお参りした後、殉国碑を前に慰霊しました。小中学校の記憶が蘇り感慨深くなっている方もいらっしゃり、それぞれに思いを巡らせたことと思います。

 

 

 

その後は、交流促進センターで敬老会をしました。外で焼いた焼きそばや焼肉などを食べながら親睦を深めました。最後に、上流研スタッフ中川がオリエンテーションとして、手を動かした頭の体操や、チーム対抗の遊びなどをし、場を盛り上げました。私も童心に帰り、また罰ゲームをやることのないように、本気になっていました。皆さん楽しんでいただけたでしょうか。私自身、この日は五箇の歴史や将来について考える良い一日になりました。皆さん、お疲れ様でした。

 

役場職員の男性が主に焼きそばや焼肉を作ってくれました。

 

2チームにわかれて、一人ずつ輪を通していき、早さを競いました。

 

罰ゲームの尻文字です。ご協力ありがとうございました。

 

(町民と共に作ったガイドブック「めたきけし」3〜5巻には五箇の部分が載っています。上流研ほか町内各施設にて販売中です。「めたきけし」を片手に、新緑の美しい季節に集落を散歩してみてはいかがでしょうか。)

早川伝統の味噌作り復活祭 第一回「電柵を立てよう!」

3月27日に、早川エコファームさんが主催で、電柵を設置してきました。

場所は、そば処アルプスの手前を右折し、早栄橋を渡った早川集落です。

 

この集落では、明治時代から昭和50年頃まで、集落の一番上の地点で、味噌豆を蒸すための作業施設、釜屋が使われていました。

そして、直径1.5m、高さ2mもの巨大な釣鐘型の桶をかぶせて蒸していました。

共同で一昼夜かけ、寝ずの当番で火を当番し、翌朝、各自の家へ持ち帰り、味噌作りをしたそうです。

(詳しい集落の説明などは「めたきけし」11巻に書いてあります。上流研ほか町内各施設にて販売中です。)

 

今回は、その味噌作り復活祭第一回目「電柵を立てよう!」ということで、サルから大豆畑を守るための作業でした。

 

 

2段式のポールを立てていきます。

 

立てたポールに網をかけていきます。

 

赤い網に電気が通るようになっています。緑の網と同じようにポールの突起部分にかけます。

 

最後に、電気が通っているか確認しました。

 

風が強い日でしたが、スムーズに進み、予定より早く終わりました。

作業自体もそれほど難しくはないという印象でした。

屋外での共同作業は楽しいなと改めて感じました。

集落の穏やかな時間の中で、集落の方々とのちょっとした会話もとても心地良かったです。

次回は6月の種蒔きです。

これからも、伝統あるこの文化を繋げるため、発信していく予定です。

心を繋げていこう

 

 早川町に「古屋(ふるや)」という、とても小さな集落があります。過疎高齢化が極端に進んでいたこの集落では、10年近く前から、独特な形で地域の維持管理がおこなわれています。大学生や、大学生時代に早川町と関わりのできた、若い社会人ボランティアが年4回集まり、共同で作業をおこなっているのです。私たちはこの取り組みを『古屋プロジェクト』と呼んでいます。

 このような取り組みの直接的な効果とは言えませんが、3年前に待望の子ども連れの家族が移住してきました。集落には数十年ぶりに子どもの声が聴こえるようになり、ボランティアとの関係も良好で、集落の雰囲気はずっと明るくなった。

 

平成30年度 BEANS発表会

下級生からの質問に、発表資料を持ち出して

丁寧に答える上級生

 

 昨年に引き続き、『BEANS』発表会を取材しました。
 『BEANS』とは、「BEcome A Natural Scientist!=自然科学者になろう!」を合言葉に、早川北小学校南アルプス邑野鳥公園とタイアップして進める研究学習です。3年生以上の学年が対象で、児童は野鳥公園のネイチャーガイド専門スタッフの指導アドバイスも受けながら、ひとり1テーマ、野外調査を含めた研究をおこないます。

 

京ケ島・草塩を歩こう!

京ケ島・草塩を歩こう!

京ケ島と草塩のマップです。集落の主な見所を載せています。

画像をクリックすると、拡大します。

 

6月には、花しょうぶ園祭りが開催され、紫や白の花しょうぶが咲き、見る人の心を魅了します。

広報誌「やまだらけ」No.88(2019年3月発行)にも花しょうぶ園について特集しています。

 

また、手作り公式ガイドブック「めたきけし」にも紹介しています。

「めたきけし」(「たくさん聞きなさい」という意味の甲州弁)の名の通り、

「めたきけし」を持って、歩き、町民にめたきいて、早川町を楽しんでもらうきっかけになればいいなと思います。

町内の各施設でも販売しています。

 

 

 

 

 

 

第9回交流サロン「七面山登山口周辺めぐり」に参加してきました。

12月12日(水)の第9回交流サロンに参加してきました。

今回は、「七面山登山口周辺めぐり」として、「表参道」入り口に位置する増田屋旅館、雄滝弁天堂、神力坊を訪れました。

 

金じゃ買われぬ ソリャ 心意気


 12月22日、高住公民館でおこなわれた、正月の「しめ縄作り講習会」を見学してきました。
 6地区に分かれる早川町の行政区の一つ、本建(もとだて)地区の公民館活動の一環で、斉藤嘉市さんが講師を務めます。先日の子どもクラブでも講師を引き受けていただきました。
 
 僕も娘を連れて、せっかくなので見学だけではなく、作り方も覚えてしまおうと思います。この日はほかに、3名の町民が参加していました。
 

想いはいつも

 

 早川北小学校のPTA親子活動を取材しました。
 早川北小学校の児童、保護者、そして学校教員が一堂に会して楽しく交流する毎年の行事です。もともとは夏に企画されていましたが、そのときは台風の影響で延期となっていました。それでもメイン企画は、、、夏と同じ『きもだめし』! さあ、一体どんなことになるのでしょうか。

 

早川南小が参加した、山梨県小学校バンドフェスティバル♪ 第32回

大分、間があいてしまいましたが、11月18日(日)にコラニー文化ホールにて、

バンドフェスティバルが行われました。

 

 

 

続きを読む >>

calendar

<< May 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

Archives

Recent comment

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM