北小の「お宝発見」取材2018 その1

 

 このところ、上流研で力を入れている町内取材。早川北小学校でおこなわれている「お宝発見」を、昨年度に引き続きレポートします。
 このたびの狎萓賢瓩蓮2010年に早川町に移住し、ラフティング会社「本流堂」を立ち上げた大窪毅さんです。

新しい集落のカタチを目指して その3

公民館の植栽をきれいにして景観を良くする

それも大事な集落維持です

 

 さあ、11年目に入りました。JR連合からのボランティアの皆さんをとともに、保集落でおこなう年2回の村普請(集落維持管理作業)。集落の共有地、山手へと続く林道、用水路、農道、獣害対策の電柵、せぎ(集落内の水路)、公民館周りと、集落の要所の整備をしていきます。

夢浪漫ふれあいライブ2018 in 下堂

5月20日(日)午後2時より、草塩のゲストハウス「下堂」(したんどう:根本定夫さん経営)で「夢浪漫ふれあいライブ2018 in下堂」が開催されました。「夢浪漫」は南アルプス市在住の退職教員夫妻による音楽ユニットで、県内各地の福祉施設や交流サロンを訪問し活動しています。今回の「ふれあいライブ」は、草塩に移住して10年になるオーナーの根本定夫さんが、「日頃お世話になっている地元の人たちへの恩返しと『下堂』が地元の人にとってより身近な存在となれればうれしい」と考え、企画したものです。

当日は10名ほどの地元の方が「下堂」を訪れ、音楽ユニット「夢浪漫」のライブを楽しみました。

 

まずは、リコーダーとピアニカによる「埴生の宿」「宵待草」「蘇州夜曲」で、しっとりとライブが始まりました。

 

 

白樺会の練習会


 奈良田区公民館でおこなわれた、「白樺会」の練習会を取材しました。
 この日の練習は、5月27日に甲府市総合市民会館で開催される『第六回ふるさとのうた 民謡民舞の祭典』への出演に向けたもの。選抜メンバー(奈良田在住者6名、町外者4名)が「奈良田追分」と「八幡」を披露します。

『南アルプスプラザ』リニューアル


 新たな観光拠点として期待される「総合案内所」を敷地内に新設し、リニューアルしたレストラン『南アルプスプラザ』のプレオープンセレモニーを取材しました。

五箇ふるさと祭り

 

 日本上流文化圏研究所のある薬袋集落は、昭和31年に合併して早川町が誕生するまでは、合併前の旧6村の一つ、五箇村を形成する5つの村の一つでした。
 この日は『五箇ふるさと祭り』。午前中は、やまびと講座02(テーマ:「道」)の体験プログラムで参加者とともに訪れた、五箇小学校及び五箇役場跡地(以下、跡地と記載)に祀られている山住神社で山神講、そして戦没者の慰霊祭がおこなわれ、午後は、上流研が管理している交流促進センター(五箇地区公民館)で敬老会を兼ねた親睦の会食が催されます。例年では、親睦会でスタッフ紹介やご挨拶をさせてもらうだけでしたが、今年は山神講と慰霊祭にも参加しました。

茂倉を取材してきました

 

 『キャン・ユー・スピーク甲州弁?』の著者・五緒川津平太(ごっちょがわつっぺえた)さんが茂倉(もぐら)集落にやってくるという。茂倉の方言や昔からの言い回しの採集が目的のようですが、私たちとしても、そういった言葉を生で聞く機会は貴重です。
 YBS山梨放送『ててて!TV』の番組取材の一環のようですが、その様子を取材してきました。参考資料になるかどうか分かりませんが、五緒川には早川町誌に記載されている昔の会話記録(第12編 社会生活、第四節「茂倉の昔の生活」)のコピーを手土産に携えて、駆けつけました。

『やまびと講座』02(テーマ:「道」)を開催しました


 3/17(土)、2つ目となる『やまびと講座』02(テーマ:「道」)を開催しました。犹遽蕾餃瓩箸知らせしていましたが、内容は推敲を重ねたスライド上映と、そこに登場する旧五箇小学校と旧五箇村役場跡地を案内することもでき、基本とする「座学+体験」プログラムを実行する本講座そのものでした。

平成29年度 BEANS発表会を取材しました!

発表会を聴きに、みんな集まってきました

 

 早川北小学校では狒躪臈な学習の時間瓩魍萢僂靴董◆BEANS(BEcome A Natural Scientists!)=自然科学者になろう!』という授業がおこなわれています。
 3年生以上の児童が年間35時間、「南アルプス邑 野鳥公園」のネイチャーガイド専門スタッフの指導を受けながら、ひとり1テーマ、野外調査を含めた研究をおこないます。この日は平成29年度の研究成果の発表会。というわけで、北小を取材してきました!

第22回 ありがとうコンサート 6年生最後の発表会

2月23日(金)に早川南小学校で「第22回 ありがとうコンサート 6年生最後の発表会」が行われました。

会場には在校生や、保護者の皆さん、地域の方々など多くの観客が集まりました。

 

 

 

6年生3人が考えたスーパーマリオ風の劇で進行していき、合奏「ワタリドリ」「イロトリドリ」に、ふりつけ付きの合唱「未来」を披露しました。6年生にも、在校生にも思い入れのある選曲がされていたため、合奏に合わせて低学年が一緒に歌う場面も見受けられ、音楽に込められた南小学校の子供達の絆を感じました。

 

6年生から5年生へ、南小学校吹奏楽の伝統あるバンドマスターの引き継ぎも行われました。

とても心に残る感動的なコンサートでした。

calendar

<< June 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Archives

Recent comment

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM